本文へスキップ

秩父登山・ハイキングコースで山登りを楽しもう

おすすめの登山宿舎民宿すぎの子

登山のご宿泊はこちら

登山を楽しむためのマナーmanner

宿へのマナー

登山を計画したらその夜は宿に宿泊するとおもいますが、宿へ登山計画を連絡しておいたほうがいいでしょう。何時ごろ入山して宿には何時ごろ到着するかを連絡しておくと宿の方々も助かると思います。宿の方々も登山の方々が遅れて来ないととても心配になると思いますので代表の方は連絡をしておいた方がよいと思います。


ペットを連れて登山

ペット連れの登山は他の登山者の迷惑になるし、野生生物への脅威となったり、ペットの糞などから病気が移ったりする場合があります。山へはペットを連れて行かないようにしましょう。


タバコ

タバコをポイ捨てする登山者が見られます。ポイ捨てなどマナーを守らない喫煙は、個人レベルの問題ではなくなります。 ポイ捨てを見かけたらお互いに注意しあいましょう。


道を譲らない

中高年の団体の方に多いのですが、登山中に道を譲らない団体がまれにあります。他の登山者から白い目で見られているのですが全く気にする様子がありません。登りのときにたびたび立ち止まってしまうと、ペースがつかめず疲労感も倍増してしまうので、山では「登りの登山者優先」が原則です。下から登ってくる人がいれば、ザックを山側に向けて道を譲るのが、登山中のマナーです。


山での挨拶

登山道で人とすれ違うときは、お互いに挨拶をしましょう。特に道を明けてもらった場合などは、「ありがとうございます」とお礼を言いたいものです。

植物採取

美しい花を咲かせる高山植物、高山には珍しい種類の花もいろいろあります。登山中に見かけたらついもって帰りたいと思う気持ちもわからなくはありませんが、高山植物は下界では育てられないので持ち帰るのはやめてください。登山者たるもの自然を守る気持ちを持ちを持ってくださいね。

落書きをする

山小屋のトイレ、山頂の岩場・非難小屋などに落書きをしていく人がいます。記念の思い出の代わりなのでしょうがやめてください。中には、名前や所属団体まで書いていく人がいます。恥をさらしているのに気付かないのでしょうか?

野生動物にエサをあげない

山で見かけた動物が可愛いからといって、エサをあげるような行為はしないでください。人からもらった動物はエサを自力で捕れなくなって死んでしまう可能性があります。また、人からエサをもらった動物は、他の人に近づいていってしまう危険もあります。

ゴミを捨てない

山でお弁当、飴、ガムなどを食べて、包み紙やゴミを捨てないようにしてください。また、お弁当を食べた後の残りをそのへんに捨てて帰らないでください。お弁当の残りなどを捨てておくと、後で野生動物がきて食べてしまった場合、人間の食べ物の味を覚えてしまって、人間に近づくようになってしまいますので、注意してください。

山での行動は早発ち・早着きをするようにしましょう

目的地の出発は、日の出頃から出発し、早めに目的地に着くようにいたしましょう。山の天候はとても変わりやすいので、遅い時間に出発をすると目的地への到着が遅れるばかりではなく、遭難の危険も出てきます。下山は、日中の早い段階でおこなったほうが安全です。暗くなってからの行動は、迷うだけでなく命の危険もでてきます。

登山届を提出しておく

登山口には登山ポストがありますので、登山届けを記入し、ポストへ投入しておいてください。山ではいつ、事故にあうかわからないので、必ず登山届を出すようにしてください。

山のロープには頼らない

山にロープが垂れ下がっているときがありますが、いつ設置されたものかわからないので、そのロープに全体重をかけて使用したりしないでください。万が一、ロープが切れた場合は、状況にもよりますが、かなり怪我をする危険があります。使用するときは、何回か引っ張ってみて、あんまり力を入れないように使用するのが安全です。

音には敏感になろう

山歩きをしているときに、上の方から小石が落ちてきたときは、注意してください。小石が落ちてきたあとに、崩れてきたり、大きな石が落ちてきたりすることがありますので、周囲を警戒しながら安全に登ってください。

ヘリコプターに手を振らない

ヘリコプターが飛んできても、手を振らないでください。遭難者を捜している場合もありますので、むやみに手を振ると、遭難者だと勘違いしてヘリコプターが来てしまう可能性もあります。遭難している人は、命にかかわっているので、ヘリコプターが来ても手を振らないようにしましょう。

メンバーの確認はこまめにする

何人かで登山をしているときは、メンバーが一人でも遅れないように、常にチェックをし、遅れるような人がいたら、全員で声をかけあって、待っててあげましょう。先に登ったりしていってしまうと、遅れてくる人が道に迷う危険もあります。


民宿すぎの子

information店舗情報

民宿すぎの子
〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野1743-1
TEL.0494-54-0963
FAX.0494-54-0963
→おすすめの登山宿舎

inserted by FC2 system