本文へスキップ

秩父白泰山は、原生林の静寂を味わえる

登山宿舎TEL.0494-54-0963

〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野1743-1

秩父白泰山は、野生動物たちのエリアcourse


原生林があり神秘的な世界

秩父登山地図
標高:1800m(上級者向き)/所要時間:7時間20分

解説:昔、荒川上流の栃本集落と千曲川上流の梓山集落を結ぶ十文字峠越えの道は、信州秩父往還と呼ばれ、人々の往来が盛んであったようです。しかし、時の流れとともにかつての峠道の役割は終わり、今では、ハイカーがたまに訪れるだけの静かな道筋に変わってしまいました。白泰山で、日帰りできる範囲の峠道を歩いて奥秩父の原生林の静寂を味わってみてください。大滝栃本方面に向かいます。秩父湖手前の分岐をグリーンスクール標識に従い右折し、先の分岐で左折して栃本広場の方へ行きます。この道のさきがまなびの森です。ここへ駐車して近くに登り口がございます。杉林の中の道をたどり緩やかに登っていくと尾根上に出ます。左方「白泰山歩道」と呼ばれる尾根伝いの道を歩きます。しばらくして広葉樹林に変わると辺りが明るくなってきます。途中、急坂を登っていくと終点に着きます。案内板の地図を参考にして左下に向かい、峠道をたどります。しばらく登っていくと一里観音の前にでます。そこには、小さな石に浮き彫りされた野仏が、ぽつねんと立っております。風雪に耐えながら道行く人々を見守っております。その姿からは年代が感じられ、思わず歴史の世界に誘われます。この先は二里・三里と続き、十文字小屋手前には四里観音があります。どんどんあるいていくと白泰山の登り口を示す標識が現れます。登り口が中腹の巻き道からなので急登わずかで山頂にでられます。原生林に覆われた世界なのでとても素晴らしいです。ここを下り着た道を戻ります。旧道をそのまま歩いて下っていけば林道に突き当たり、左に道をたどれば駐車場にでられます。




mountain

秩父登山の宿舎

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野1743-1
TEL.0494-54-0963
FAX.0494-54-0963

おすすめ宿

プライバシーポリシー
利用規約
Q&A

inserted by FC2 system