本文へスキップ

秩父二子山は、絶景の山頂になっております

登山宿舎TEL.0494-54-0963

〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野1743-1

秩父二子山は、クサリ場が多い場所course


素晴らしい絶景の山頂へ

秩父登山地図
標高:1170m(上級者向き)/所要時間:6時間

解説:秩父市の西方、群馬との県境近くにある二子山は、首都圏から近い岩稜歩きの山として人気を集めております。西岳・東岳の二峰に分かれていますが、一般に登山の対象になっているのは西岳で、東岳は岩場に慣れてない人には無理のようです。登山口近くまではマイカーで行き、林道の片隅に駐車します。登山口の近くには標識があるのでわかります。杉林の中、沢沿いに登って行くと途中道が崩壊しております。その手前の右上の道はやめて沢の中を歩きます。しばらくして沢から離れて少し登り、ローソク岩への道を左に分けてから道を登れば股峠に出られます。急坂を少し登った所で、岩壁直登への道を左に分け右に巻きながら登ります。足元が滑りやすいので、立ち木や岩をつかみながら登ります。途中、びょうぶ岩の前を右に回りこみ急坂を左寄りに登りつめると平坦な道に出ます。ここの真上が稜線なのですが左右に分かれていて迷います。分岐から左へ数歩の上り坂の手前の岩のすき間を登ればすぐに安全な道がまっております。登り口が岩場なのでわかりにくいです。ここから立ち木や岩をつかみながら登ればまもなく尾根に着き、T字路を右に行けば山頂です。ここでの展望は素晴らしいです。狭い山頂だが展望は素晴らしいです。両神山や西上州の山並みが、手の届くほど近さに迫っております。山頂真下はロッククライミングのメッカ、ローソク岩の絶壁だが、高所恐怖病の人はのぞきこむ勇気もないでしょう。山頂を後にしてからも厳しい岩稜歩きが続きます。歩きながらも足下からは気を抜かないようにして歩きます。しばらくいくとクサリ場があるので無事に下れば安心です。ここから下山路は道なりに下り、国道に出たら下っていけば登山口にでられます。




mountain

秩父登山の宿舎

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野1743-1
TEL.0494-54-0963
FAX.0494-54-0963

おすすめ宿

プライバシーポリシー
利用規約
Q&A

inserted by FC2 system