本文へスキップ

秩父城峰山は、山岳信仰の発祥地

登山宿舎TEL.0494-54-0963

〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野1743-1

秩父城峰山からみる関東平野course


関東平野が見える展望

秩父登山地図
標高:1040m(中級者向き)/所要時間:5時間30分

解説:秩父市の北方、群馬との県境近くにある城峰山は、1等三角点のある展望の素晴らしい山として有名です。信仰登山の歴史も古く、秩父地方の山岳発祥地ともいわれております。また、将門伝説も語り継がれていて、城跡、隠れ岩、馬洗い淵等の将門ゆかりの地名が今に残り、往時をしのばせています。秩父鉄道皆野駅前を少し行ったところの、皆野町営バス乗り場から「西立沢行き」に乗り、西門平で降ります。バスの進行方向に少し行き、右に枝分かれしている林道に向かい、15分ほど行ってから指導標に従い左の山道をたどります。道筋は杉林に覆われているので薄暗い雰囲気が続きます。途中、蛇行しながら走道に突きあたったら横切って山道へ行きます。二度目のときは少し右に下ってから石段を登って山道をたどります。杉林の中を行き送電線鉄塔が近くになる辺りから、落葉樹林に変わり、明るくなってきます。尾根伝いの道はなだらかに続いていて歩きやすいです。しばらく行くと尾根の小ピークに登る道と巻き道との分岐となり左の巻き道をたどります。このような分岐は2ヶ所あり、二つのピークは復路に登ることにします。やがて尾根道と合流する辺りから、右の方角に展望が見えてきます。展望を楽しみながら下っていくと間もなく車道に出ます。ここが石間峠で左へ城峰神社に向かいます。神社にはトイレ・水道があり休憩には良い場所です。神社脇から城峰山に向かって登ります。山頂には「展望の城峰山」の名にふさわしい立派な展望台があって、空気の澄んでいる時には上毛連山、筑波山をはじめ、関東平野が見渡せます。下山は、石間峠への道をたどり、往路を少し戻ってラクダの背中のような二つのピークを登り、二つ目のピーク「鐘掛城跡」の左端の道をたどり、尾根伝いに下ります。しばらくいくと長い急下降が続くので気をつけます。急坂が終わると緩やかな道をしばらく下っていくと送電線鉄塔下につき、そこから50メートルほどで奈良尾峠に着きます。指導標の右下の道を行くと林道に出てその道をしばらく下りバス路線近くまで来れば秩父華厳の滝への道があります。




mountain

秩父登山の宿舎

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野1743-1
TEL.0494-54-0963
FAX.0494-54-0963

おすすめ宿

プライバシーポリシー
利用規約
Q&A

inserted by FC2 system