本文へスキップ

秩父陣見山には馬頭観音の面影

登山宿舎TEL.0494-54-0963

〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野1743-1

秩父陣見山は、変化に富む山道course


変化がある山道

秩父登山地図
標高:530m(初・中級物向き)/所要時間:4時間10分

解説:秩父鉄道波久礼駅の北側の奥まった所の、秩父と児玉を分ける稜線上に陣見山があります。これといった特徴のある山ではないが、山頂に電波中継塔が建っているので、それを目標にすれば見分けることができます。波久礼駅の駅舎を出てすぐ左脇の踏切を渡り、線路沿いに行き、T字路を左に向かえば、「かんぽの宿」が見えてきます。その手前で、円良田湖への道標に従い左の山道をたどれば、かんぽの宿の後ろから側面に回り込んだ所に、左上への山道が枝分かれしております。ここが陣見山の登山口です。登りはじめは、道を囲んで笹がはびこっているので、藪の中を歩いているような感じですが、すぐに歩きやすい道になります。山の神前を通り過ぎる辺りから、起伏の穏やかな道が続き、樹間越しに見える風景が、楽しませてくれます。やがて、丸太で階段状に整備された急坂にさしかかり、そこを登りつめた所が昔の砦跡で、休憩舎もある小広い所です。休憩してから左方の急坂を下り、大槻峠に出ます。この先には、二か所ほど、急坂があり、特に二つ目は、厳しいです。登りつめてから少し行くと車道にでます。山頂付近には広いスペースがあるので、休憩場所に事欠くことはないが、風通しの良い所なので北風の季節には長居はしないようにしましょう。また、樹木に囲まれていて展望もないので、素通りして左方の下山路に向かい、杉林を通り抜けた辺りで、道から左に少し外れた所にある送電線鉄塔下に行きます。ここの斜面は、日当たりもよく静かな所なのでゆっくりと休めます。ここからの尾根道は雑木の低木帯で、右方の風景が開けていて展望が素晴らしいです。振り返れば、今歩いてきたばかりの陣見山が手にとるように見えます。やがて、「間瀬峠・陣見山ビューライン」と呼ばれている車道にでます。この道から左方に分かれている車道を下れば、無理なく歩けますが、あえて山道に向かいます。まず、目前の山道をたどり、榎峠で車道に出たらすぐ左の山道へ。ここからの道筋は、杉林に覆われていて静かです。途中、分岐を左下に向かいます。どんどん歩くと車道に出られます。少し下の杉林沿いの山道をたどり、次にもう一か所山道をたどれば、そこからは車道歩きになります。やがて、山あいを抜ける辺りで右折して道なりに行けば樋口駅に着きます。




mountain

秩父登山の宿舎

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野1743-1
TEL.0494-54-0963
FAX.0494-54-0963

おすすめ宿

プライバシーポリシー
利用規約
Q&A

inserted by FC2 system